車いすのブレーキのうっかり”かけ忘れ”を防ぎます。
車いすから立ち上がると自動でブレーキがかかります。
次に座る時はブレーキがかかった状態で座ることができます。

 高齢者の転倒は要介護状態や寝たきりの主な要因となっています。特に車いすのブレーキのかけ忘れは病院や施設で多発する事故のひとつで『ヒヤリ・ハット』が多い用具と言えます。車いすのブレーキのかけ忘れはあるかと尋ねたところ、「ある」との回答は介護福祉施設では96%に達しており、医療施設で68%、在宅では46%になっています。

 今回開発した「SAFETY(セーフティ) オレンジ」は、車いすから立ち上がる際に自動でブレーキがかかり、次に座る時にはブレーキがかかった状態で座ることができるので転倒を予防するとともに介助者の負担を軽減できます。

『車いすのブレーキのかけ忘れはありますか?』

本調査は、平成22年度 独立行政法人福祉医療機構「先進的・独創的活動支援事業」『車いす自動ブレーキ装置の改良と実用化』として実施しました。
共同研究機関:東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻、国立障害者リハビリテーションセンター研究所福祉機器開発部、国際医療福祉大学
小田原保健医療学部作業療法学科、車工房巧、フランスベッド株式会社営業企画本部商品企画部

製品情報

製品情報

特長

  1. 1立ち上がると自動でブレーキかかる安全設計
  2. 2ブレーキの掛け忘れによる転倒事故を防止
  3. 3介護保険レンタル、一般レンタル可能
  4. こんな経験ありませんか?

仕様

サイズ 全幅640×全長970×全高880mm
座幅400mm
前座幅350mm
(クッション込み400mm)
座面奥行380mm
重量 16.3kg(クッション含む)
最大耐荷重 100kg
フレーム素材 アルミ
価格
(非課税)
月額レンタル価格 6,000円/月
介護保険利用者負担額 600円/月
販売価格 ¥128,000(非課税)

※平成27年4月の介護保険法(平成9年法律第123号)の改正により、
平成27年8月1日から一定以上の所得のある場合、自己負担が現行の
1割から2割の利用者負担となります。詳しくは、市町村にご確認ください。

お問い合わせ

フランスベッド株式会社 お客様相談室 TEL:0120-083413

ページトップへ