JOORYUフランスベッドの心を込めた羽毛です。

FranceBed

フランスベッド羽毛研究所1

<こだわりの羽毛編>
こだわりの品質が私たちの誇りです

何故これほどまでに羽毛づくりにこだわったのでしょうか?
ひとつは安心・安全に対する細心の心遣いのために。
もうひとつは、きちんと仕上げた羽毛ふとんの心地よさを知っていただきたいと考えたからでした。
昔に比べ、簡単に安い海外製品が手に入り、羽毛は手近なものになりました。
しかしその分、粗悪な製品も多く市場に出回っていることは否めません。
一年間に日本市場に流通する羽毛ふとんは約500~600万枚
対してJOORYUブランドは年間約2万枚。200分の一にも満たない羽毛ふとんですが、眠りをまじめに考えるメーカーの
責任と誇りで溢れんばかりにふくらんでいるのがお分かりいただけるでしょうか。

※2011年財務省「貿易統計」・経済産業省「繊維生活用品統計」より

  • 研究1

    良い羽毛は、円熟味でした。

    未成熟ダウンに含まれる余分な油分は、品質劣化を早め、羽毛特有の獣臭の原因にもなります。対して十分に成熟した羽毛は適度に油分が抜けた、いわばまろやかな状態。ふっくらとダウンボールが開く、この理想的な状態は特に品質が良いとされています。

  • 研究2

    純度を上げるのは、手間ひまです。

    JOORYUが表示するダウンの配合率は混ぜ物で調整しているのではありません。原毛に混じった不純物や異物を取り除く工程を通して純度を高めることで、最終的な配合率を決めています。

  • 研究3

    ダウンパワーとは、ふっくら度のこと。

    羽毛1gあたりの“ふくらみ”を体積で示した数値をダウンパワーと言います。良質羽毛の目安ではありますが、ダウンボールの大きさやダウン自体の質を問うものではありません。ご購入を検討の際は配合率や軽さなどバランスの良い製品をお選びください。

Page Top