寝姿勢 よいベッドとは、日本人の寝姿勢に合ったベッド。

寝たらほんの少しですが、背が高くなるのが自然です。

背筋が伸びる正しい寝姿勢を保つベッドがよいベッドです。

姿勢ごとの椎間内圧の変化

姿勢ごとの椎間内圧の変化
本来的には、背筋が伸びている状態が自然な寝姿勢です。一般的には、睡眠時と起きているときの身長差は約1%と言われますが、これは立っているときには重力(体重)を受けて、椎間板が縮んでいたのが解放されもとに戻るためです。
昼間は縮んだばねのような人間の体も、寝るときには解放してあげることが大切です。
前へ 次へ

ページトップへ