• フランスベッドコーポレートサイトトップへ
  • 医療・福祉施設トップ
以下、コンテンツ部分
医療・福祉施設トップ > 新製品 > 感染症対策のための抗菌銅製品の紹介
感染症対策のための抗菌銅製品の紹介

感染症対策で注目!銅の殺菌特性

アメリカをはじめ、ヨーロッパ各国で抗菌銅製品を導入することによって、病院内感染リスクの削減効果が報告されています。日本でも抗菌銅製品の導入、改修が徐々にすすめられています。

院内感染予防、生活の健全性の向上、世界の病院や公共施設で活用されている銅の力

米国政府が銅の殺菌表示を認可

2008年3月、米国環境保護庁(EPA)が銅及び銅合金の公衆衛生における殺菌力を表示することを認可しました。
これは金属材料としては初めて認められたもので、EPAの定める試験方法で、銅や銅合金の表面では院内感染の原因になるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)等を含む病原菌に対して2時間以内に99.9%殺菌することが証明されました。

図:コロニー形成数の推移

米国で細菌試験の様子

米国で細菌試験の様子

暖房及び換気・空調設備において細菌・カビは悪臭の原因となり、その性能を低下させます。2010年、EPAはHVAC※に抗菌銅表面材料を使用することで、原因となる細菌やカビを抑制することも認定しました。
現在、EPAには黄銅青銅を含む450種類の銅合金が、細菌を死滅させる殺菌素材として登録されています。

※Heating、Ventilation and Air Conditioningの略。暖房及び換気、空調設備のこと。

アメリカ合衆国環境保護庁

アメリカ合衆国環境保護庁

リチャード・ニクソン大統領により設立、1970年に活動を開始した市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国連邦政府の行政機関。大気汚染、水質汚染土壌汚染などが管理の対象となる。本部はワシントンD.Cにある。

銅表面が感染リスクを58%削減!

環境表面に銅を採用、調査の行われたICU

サウスカロライナ医科大学のM.Schmidt教授は、3つの病院で銅製のベッド柵やベッドテーブル、ナースコールボタン、点滴スタンドなどを使用し、病原菌数および感染率の減少を調査。4年間にわたる調査の結果、2011年7月、WHOでのICPCIで「銅表面が感染リスクを58%削減」という検証結果を発表しました。

今こそCu+を使って安全対策を!

Pia Norup氏

Pia Norup氏

デンマークの医学博士Pia Norup氏は環境表面が持続的に細菌を死滅させることが必要とわかれば、銅を使わない手はないと提唱しています。什器、備品などの環境表面をCu+(Antimicrobial Copper)製品に交換・グレードアップすれば感染症を引き起こす細菌を持続的に死滅させることができます。ただし、感染症には多面的な対応が必要なため、Cu+製品が通常の感染予防にとって代わるものではなく、あくまでもそれを補完するものです。環境表面の清掃・消毒など、通常の感染予防対策の継続はかかせません。

  • 電子ブックでカタログを見る
  • Copper friends メディカルパートナーズ
ページの一番上に戻る
コンテンツここまで

Copyright (C) FRANCEBED All Rights Reserved

ホーム | 企業情報 | 個人情報保護方針 | ご利用情報 | お問い合わせ