羽毛ふとんの原点は”水”

きれいな水が、きれいな羽毛をつくる。

私たちが[JOORYU=蒸留(ジョウリュウ)]と呼ぶ羽毛の洗浄方法は
水との出会いからはじまりました。

一貫生産体制を敷くフランスベッド羽毛工場が建つ静岡県掛川市。

遠州地方に染み湧く水は羽毛の精製に適したきわめて軟水。

工場裏手に広がる小笠山を通して自然濾過された天然の湧き水です。

この水を求めて、一帯には国内外から
こだわりを持つ生産メーカーが集まります。

安価な羽毛製品の多くは、洗浄工程の
手数を省くことにより生産コストを抑えています。

手間ひまの分だけ生み出される、羽毛本来の力と安心・安全。

側生地に包まれた目に見えない部分にこそ、メーカーが
果たすべき責任が問われるのだと私たちは考えます。

※原毛から丁寧に不純物を取り除き、徹底的に洗浄する羽毛精製法。
純度の高い羽毛を生み出すイメージを[蒸留]に喩えています。

羽毛を載せた両手

Page Top