よくあるご質問 羽毛ふとんのケア

羽毛ふとんを長期保管するコツは?

羽毛ふとんを長期保管する際は、収納前にしっかりと乾燥させておきましょう。保管場所の湿気対策・防虫対策も重要です。羽毛ふとんを長期保管するコツを細かく見ていきましょう。

保管する前に羽毛ふとんを乾燥させておきましょう

羽毛ふとん最大の弱点は湿気。長期保管する前には、必ず天日干しをしてふとんを充分に乾燥させましょう。湿気の少ない午前10時から午後2時の間に、2時間ほど干すのが望ましいです。その際にはふとんが痛まないよう、カバーをつけたまま干してください。取り込んだ後は、掃除機で軽くゴミを吸い取ります。肌に直接触れているカバーには、汗が染みこんでいるので洗濯してから保管するようにしましょう。

保管場所の湿気対策・防虫対策は入念にしておきましょう

羽毛ふとんを保管する前に、保管場所の湿気対策もしておく必要があります。せっかく天日干しでふとんの湿気を取り除いても、保管場所に湿気がこもっていては意味がありません。保管場所の扉を全開にして扇風機の風を送ると、空気が循環され、こもっていた湿気が外に流れやすくなります。また、ふとんと床・壁の間にスノコを置くとよいでしょう。空気の層が作られ、湿気がこもりにくくなります。そして、除湿剤や防虫剤なども忘れずに設置しておきましょう。定期的に除湿器をかけたり、扇風機で風を送ったりするのも効果的です。

羽毛ふとんの保管方法に注意しましょう

収納時に羽毛ふとんが圧迫されないように注意する必要があります。羽毛ふとんはとてもデリケートな寝具です。羽毛ふとんの上に重たいものを乗せてしまうと、なかの羽毛が傷んでしまうおそれがあります。マットレスや毛布など、重たいものから順番に収納し、羽毛ふとんが一番上にくるようにしましょう。同じ理由から、圧縮袋での保管もおすすめできません。また、通気性の悪いビニール袋での保管は、カビ発生の原因ともなるので避けてください。コンパクトに保管したい場合は、通気性のよい布製の袋や、シーツで軽く包むようにしましょう。

長期保管した羽毛ふとんを再び使いはじめる際は、一度天日干しをすることをおすすめします。ふとんに空気を取り込むことができるので、保管中に収縮したふとんのボリュームが戻ります。

FAQ一覧に戻る