よくあるご質問 羽毛ふとんのケア

羽毛ふとんの干し方のコツは?

羽毛ふとんを干すときには、干す時間や場所などに気を付けましょう。また、羽毛ふとんを長く使いたいのであれば、ふとんを傷めない干し方を知っておくことが大切です。ここでは、羽毛ふとんの干し方について紹介していきます。

羽毛ふとんは10時から15時に干しましょう

羽毛ふとんを干すときは、湿気の少ない日を選びましょう。また、ふとんを干す時間帯にも注意が必要です。早朝は湿気が多いため、早い時間からふとんを干すのはおすすめできません。湿気の少ない10時から15時の間に行いましょう。

羽毛ふとんを干す場所に気を付けましょう

羽毛ふとんの除湿が目的ならば、なるべく日陰に干すようにしましょう。日向に干すと、紫外線で側生地や羽毛を傷めてしまうことがあります。羽毛ふとんには湿気をためにくい性質があるため、陰干しでも十分に除湿できます。羽毛ふとんを日光に当てて雑菌対策をしたいなら、日の当たる場所に1~2時間程度干しましょう。取り込んだ後のふとんは、風通しのよい涼しい場所で予熱を取ってください。ただし、シルクの側生地は長時間日光に当てると変色してしまうので、ダメージを与えないように注意しましょう。また、住居によって陰干しができない場合は、風通しがよい室内にふとんを広げて乾燥させましょう。

高温になる場所は危険

羽毛ふとんは、高温になる場所には干さないでください。特に、真夏に屋根の上で羽毛ふとんを干すのは避けましょう。高温にさらされると、なかの羽毛を傷める原因になります。このようなダメージは保温性を損ないますから、避けるようにしてください。

ふとんカバーをかけたまま干しましょう

羽毛ふとんは、ふとんカバーをかけたまま干しましょう。ふとんカバーがあることで、直射日光による側生地や羽毛へのダメージを防ぐことができます。ふとんカバーがない場合は、シーツで代用しましょう。

叩かないでください

羽毛ふとんを干したときは、ふとんは叩かないでください。羽毛ふとんを叩いてしまうと、側生地を傷めてしまい、ふとんのなかから羽毛が出てくる原因となってしまいます。また、側生地だけでなく羽毛までも痛めてしまい、結果的に羽毛ふとんの寿命を縮めることにもなります。

FAQ一覧に戻る