よくあるご質問 羽毛ふとん用語

グース・ダックとは?

グースとはガチョウ、ダックとはアヒルのことを指します。どちらも、羽毛ふとんの詰め物であるダウンが採れる水鳥です。ここでは、グースとダックについて、詳しく説明します。

グース、ダックとは

グースとはガチョウのこと、ダックとはアヒルのことをいいます。どちらも、羽毛ふとんに使われているダウンが採れる水鳥です。一般的に、ダックよりもグースのほうが高品質とされています。それは、双方から採れるダウンの質が関係しているためです。

グースとダックの羽毛の違い

グースとダックでは体の大きさが異なり、その差は2倍にもなります。ダックよりもグースのほうが体は大きく、体のサイズはダウンボールに比例します。つまり、ダックよりもグースのほうがより大きなダウンボールを採取できるということです。また、グースから採れるダウンボールは、ほどよいハリとコシのある羽枝になっています。柔らかさと弾力性に富んでいるため、ダウンボールが壊れにくいのです。

グースとダックの臭いの違い

グースとダックでは、羽毛から発する臭いも違います。羽毛は鳥から採取しているため、ふとんから動物性の臭いを感じることもあるでしょう。ダックとグースとでは、ダックのほうが強い臭いを感じます。特に飼育期間が短い未成熟のダックほど、臭いが強い傾向にあります。反対に、グースはあまり臭いが気になりません。羽毛が臭う原因はさまざまですが、それぞれの水鳥が食している餌が大きく関係しています。グースは草食、ダックは雑食です。雑食のダックは肉も食べるため、草食のグースよりも体に油脂がつきやすくなります。その油脂の臭いが、ダックから発せられる臭いなのです。

ふとんを選ぶときは羽毛の品質にも着目しましょう

上述のみで考えると、ダックよりもグースのほうが高品質であることがわかります。しかし、必ずしもそう言い切れるわけではありません。低品質のグースと高品質のダックであれば、断然高品質のダックのほうが優れています。羽毛ふとんを選ぶ際は、単にグースとダックの違いだけを見るのではなく、羽毛の品質にも着目しましょう。
羽毛ふとんの品質については以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

※「羽毛布団の品質表示ラベルとは?

FAQ一覧に戻る