よくあるご質問 羽毛ふとん用語

品質表示票とは?

品質表示票とは、商品検査の結果を表示したものです。この品質表示票は消費者が商品の適切な情報を得るためにあります。もちろん、羽毛ふとんにおいても品質表示票はあります。ここでは羽毛ふとんにおける品質表示票について詳しく解説していきます。

羽毛ふとんにおける品質表示票について

品質表示票は消費者が適切な商品情報を得るためにあります。羽毛ふとんにも家庭用品品質表示法(※1)に基づき、生活に使われる繊維製品品質表示規定として、商品検査結果の開示が義務付けられています。

※1 消費者が商品の適切な情報を得ることができるように制定された法律

品質表示票の内容

羽毛ふとんにおける品質表示票に書かれている内容として代表的な項目は「サイズ」、「羽毛混合率」、「充填量」、「鳥の種類」、「製造国」などが挙げられます。例えば、以下のような品質表示票があります。

サイズ:190cm × 210cm ダブルロング
羽毛混合率:ダウン90% フェザー10%
充填量:1.6kg
鳥の種類:グース
製造国:日本製

この品質表示票には羽毛ふとんのサイズが幅190cmで長さ210cmのダブルロングサイズであることが記載されています。また、混合率がダウン90%フェザー10%、ダウンを1.6kg充填していることがわかります。このほかにも、鳥の種類はグースであり、製造国が日本であることがわかります。このように、一目見ただけで、その羽毛ふとんの品質について詳しく知ることができる表示となっています。

品質表示票だけでなく品質表示ラベルも確認するべき

羽毛ふとんを選ぶ際のポイントは、品質表示票の情報を理解して精査することです。「ダウンはどれくらい使われているのか?」、「これって日本製なのかな?」など注目する点は多々あります。ただし、品質表示票だけを見てもわからない点も多いでしょう。そこで参考になるのが品質表示ラベルです。品質表示ラベルにはさまざまなものがあり、独自の基準を設けているケースも少なくありません。例えば、日本羽毛製品協同組合が発行する「ゴールドラベル」。日本で製造された羽毛ふとんにのみ発行されるものです。組成混合率、洗浄度、崇高性といった3つの基準をクリアした証明になります。

ゴールドラベルについては、こちらの「羽毛ふとんの品質表示ラベルとは?」を参考にしてみてください。

FAQ一覧に戻る