よくあるご質問 枕について

枕の黒カビ対策は?

毎日の睡眠に欠かすことのできない枕ですが、湿気の多いシーズンはカビが生えてしまうこともしばしば。もしカビが生えてしまったら早めに落としてしまいたいところですよね。とはいっても「枕のカビってどうやって落とせばいいの?予防法はあるの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは枕のカビ対策について詳しく解説していきます。

枕にカビが!?原因はなに?

「枕に黒いポツポツが!?」という経験はありませんか?その正体は黒カビである可能性が高いです。それでは、なぜ枕にカビが生えてしまうのでしょうか。これは頭の汗や皮脂などが関係しています。汗を吸い込んだ枕はカビにとって過ごしやすい環境であり、皮脂はカビのエサになります。このように、汗や皮脂がカビを発生させる原因となるのです。

枕のカビの落とし方について

それでは枕に生えてしまったカビはどのように対策すればよいでしょうか。基本的にカビを完璧に除去するのは非常に困難です。そんな中、酸素系漂白剤でカビを落とす方法があります。1時間ほど酸素系漂白剤で枕を浸し洗いすることによって、カビが除去できる場合があります。ただし、カビが落ちたとしても枕が色落ちしてしまうこともあるため推奨はできません。

枕のカビ予防でできること

枕に発生したカビを落とすことが難しいことはお分かり頂けたのではないでしょうか。つまり、大事なことは「そもそもカビを発生させないこと」なのです。それでは、枕のカビ予防にはどのような方法があるのでしょうか。予防方法について見ていきましょう。

湿気対策をおこなう

カビは湿気を好みます。また、湿気のある場所で繁殖する性質を持っています。つまり、湿気対策こそがカビ対策におけるポイントになるのです。「部屋の湿度を高くし過ぎないこと」、「天日干しで枕を乾かすこと」の2点を徹底していきましょう。

寝る前は髪を乾かす

濡れた髪で枕に触れると、水分が染み付いてカビの原因になってしまいます。お風呂上りにはドライヤーで髪を十分に乾かしてから眠ることを心がけてください。

定期的に洗濯をする

カビを予防するためには、定期的に枕の洗濯をしておきたいところです。ただし、この際には注意するべきことがあります。それは洗濯可能な枕であるかどうかを確認することです。枕に使われている素材を確認するのはもちろんですが、洗濯表示もチェックするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?ここまで枕の黒カビ対策について見てきました。枕にカビが生えてしまうと落とすのは簡単ではありません。何よりも大事なことは予防することなのです。ここで紹介した湿気対策などを実践することによって枕を常に清潔に保ってください。

FAQ一覧に戻る