よくあるご質問 枕について

ウールを使った枕の特徴とは?

毎日快適に眠れていますか?「寝つきが悪い日があって……」という方は枕が原因かもしれません。まずは快適な睡眠を実現できる枕を探してみましょう。ここでは、ウールを使った枕について紹介していきます。枕選びの参考にしてください。

そもそもウールの特徴は?

ウールとは羊の毛から刈り取った体毛のこと。1頭の羊から多くの量が採れるため、ほかの獣毛と比べると比較的安価です。ウールの主な特徴は以下のとおりです。

  • 吸湿性が高い
  • 放湿性が高い
  • 保温性が高い
  • 伸縮性がある
  • ほかの獣毛よりも安い

ウールを使った枕の吸湿性・放湿性ってどうなの?

快適な睡眠のために欠かせないのが吸湿性です。人間は寝ている間に大量の汗をかきます。この汗は快適な睡眠を奪ってしまうもの。ウールのように吸湿性が高いと、汗を吸ってくれるので安心です。さらに放湿性が高いこともウールの特徴です。実はいくら吸湿性が高くても、放湿性が低ければ繊維の中に水分が溜まったままになってしまうのです。ウールを使用した枕の場合、吸い込んだ水分を空気中に発散させるため、繊維自体が蒸れることがありません。そのため、ウールは水に濡れてしまった場合であっても、軽く干すだけですぐに乾くのです。

ウールを使った枕は保温性が高い

ウール素材の枕は保温性にも優れています。ウールは縮れた繊維が絡み合った構造をしているため、繊維の中に空気をたっぷりと含んでいます。たくさんの空気を含んでいるということは、その空気の層が断熱材のような働きをするということ。人の体温によって空気の層が温められるため、ウールの保温力は高いのです。

ウールの寝具を買うならここに注意!

枕に限らず、ウール素材の寝具を選ぶときには注意したいポイントがあります。それは、「羊毛混紡ではないか?」という点です。羊毛混紡とは羊毛に化学繊維を混ぜた繊維になります。吸湿・放湿性や保温性などがウール100%のものと比較したときに劣ります。購入前には必ずチェックするようにしましょう。

以上、ここまでウールを使った枕について見てきました。ウールを使った枕にはさまざまなメリットがあります。吸湿性・放湿性が優れていること、保温性が高いことなどです。また、ウールは天然繊維であるため静電気を帯びにくく、埃や花粉といったハウスダストが吸着しにくいといったメリットもあります。このように素材の特徴を理解したうえで自分に合った枕を選んでみてください。

FAQ一覧に戻る