よくあるご質問 睡眠について

睡眠はどのように進化してきた?

紀元前から、人間は睡眠をとることで生活をしてきました。その過程の中で、睡眠はどのような歴史をたどり、そしてどのように多様化していったのでしょうか。睡眠の「昔」と「今」について、ここで見ていきます。

睡眠における「昔」と「今」

「睡眠はどのように進化してきたのだろう?」という疑問を感じたことはありませんか。当然のことながら、原始時代には今のようなLED電球などの照明器具はありませんでした。また、睡眠のためのヒーリングミュージックもなかったことでしょう。つまり、昔と今では睡眠の本質には変わりがないものの、その環境は大きく異なるというわけです。太古の昔、まだ照明器具などもなく狩猟採集生活をしていた頃には、日の出とともに目を覚まし、そして日の入りとともに眠るという生活リズムを刻んでいたことが考えられます。これは概日リズムに則った睡眠サイクルといってよいでしょう。この時代はまだ一様に同じ時間帯に睡眠をとっており、またその長さについてもそこまで多種多様なバリエーションはなかったと推測されています。

照明器具の誕生により睡眠はどう変わったのか?

時は流れて、人類は照明と家を手に入れるまで進化します。日本国内でいうと江戸時代。この時代にはすでにふとんや照明があり、そして雨風をしのげる家がありました。快適な睡眠をとることはできるようになりました。しかし、人類の睡眠リズムやその在り方については、まだそこまでの多様性はなかったと考えられています。

現代社会における睡眠の多様化

そして現代。今では科学技術の発展とともに多様化の時代を迎えました。照明や設備の発達により、人類は夜でも活発に活動することができるようになりました。そのため、夜型の生活サイクルの方も増えてきており、睡眠時間は人それぞれです。概日リズムに逆らった睡眠サイクルを持っている方も増えていることでしょう。これにより、効率的な睡眠を求めて、睡眠をより効率的なものにするための取り組みも活発となっています。例えば、ベッドや枕などにこだわって徹底的に上質な睡眠を提供することに力を入れているホテルも増えています。

以上、ここまで睡眠における「昔」と「今」について見てきました。このように自然のリズムに逆らった生活リズムが多くなってきた時代だからこそ、私たちはより効率的に、そして上質な睡眠を追求することが求められるわけです。上質な睡眠のためにも、まずは寝具からこだわってみてはいかがでしょうか。

FAQ一覧に戻る