よくあるご質問 睡眠について

そもそも睡眠はなぜ必要?

水や食料は私たち人間が生きていく上で必要不可欠ですが、それ以外にもう1つ絶対に必要ものがあります。それが睡眠です。ただし、「睡眠がなぜ必要であるか?」という問いに対して明確に説明できる人は実際には少ないかもしれません。そこで、睡眠の必要性について解説していきます。

なぜ人は眠る必要があるの?

人間は睡眠中に、体のさまざまな部位のメンテナンスをおこないます。その中でも最も重要なメンテナンスとして、脳のメンテナンスがあります。人間の脳はとてもデリケートな構造となっており、睡眠不足が続くと、脳の機能低下につながりかねません。そこで、睡眠という形で脳の休息をとったり、メンテナンスをしたりすることが求められるのです。もちろん疲労回復という意味でも睡眠は必要不可欠です。どんなに体力がある方でも、睡眠時間はきちんと確保する必要があります。

睡眠時間はどれくらい必要?

必要な睡眠時間には個人差があります。例えば、ショートスリーパーと呼ばれている方たちは1日2時間から3時間程度の睡眠であっても問題なく行動できます。反対に、ロングスリーパーと呼ばれる方たちの場合には1日に8時間から10時間程度の睡眠をとらないと、日中にパフォーマンスを発揮できないというケースもあります。このほか、人によっては24時間以上睡眠をとらなくても大丈夫という方もいます。つまり、必要な睡眠時間は人によって違うというわけです。そのため、自分に合った睡眠時間を見つけることが大事なのです。

最適な睡眠時間(年齢別)

睡眠時間には個人差があるとはいっても、やはり知りたいのが自分に合った睡眠時間だと思います。そこで、年齢別の最適な睡眠時間についてのデータをご紹介します。2015年に国立睡眠財団(NSF)が発表した内容です。

  • 0~3ヵ月:14~17時間
  • 4~11ヵ月:12~15時間
  • 1~2歳:11~14時間
  • 3~5歳:10~13時間
  • 6~13歳:9~11時間
  • 14~17歳:8~10時間
  • 18~25歳:7~9時間
  • 26~64歳:7~9時間
  • 65歳以上:7~8時間

先ほどもお伝えしたとおり、個人差はあるものの、1つの目安にはなるでしょう。成人であれば最低でも7時間は睡眠時間を確保してください。

睡眠不足が続くと……?

睡眠不足の状態が続くと脳が疲労してしまい、判断力や注意力、さらに記憶力の低下を引き起こすことがあります。このような状態になると普段のパフォーマンスを発揮することはできなくなりますので、パフォーマンスが低下する前に睡眠をとることが重要です。例えば、学生時代、試験前に一夜漬けとして徹夜で暗記をした経験はありませんか?これは逆効果です。暗記をした状態で眠らずにそのまま試験会場に向かうよりも、暗記をしてから少し睡眠をとることで記憶が整理され、集中力も回復して結果を出すことができるのです。こういった事実からも睡眠の必要性はわかることでしょう。

以上、ここまで睡眠の必要性について見てきました。もし「寝なくても大丈夫!」と思っていたとしても、知らない間に体に悪影響を及ぼしている可能性はあります。睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。

FAQ一覧に戻る