よくあるご質問 寝具の選び方

枕の種類や選び方は?

快適な睡眠のために枕の選び方は重要です。しかし、「枕ってどんな種類があるの?」、「枕の選び方がわからない……」と疑問に感じている人も少なくないでしょう。そこで、ここでは枕に使われている素材の種類と選び方について紹介していきます。

枕の種類

枕の購入を検討しているときにまず知りたいのが、中に使われている素材の種類です。代表的な素材を見ていきましょう。

高反発ウレタン

高反発ウレタンが使われている枕は、適度な硬さでしっかりと頭を支えてくれる特徴があります。枕の形状が首のS字カーブに合わせていることが多いので首と頭にフィットしやすいでしょう。長く使うためには水洗いできるものがおすすめです。

低反発ウレタン

低反発ウレタンが使われている枕はやわらかい沈み込みが特徴です。硬めの枕があまり好みでない人にはおすすめです。ただし、水に弱い素材のため洗うことはできません。枕カバーをつけたほうがよいでしょう。

ラテックス

適度なやわらかさと反発力がある枕です。抗菌作用があるため衛生面において安心できます。ただし、ゴムアレルギーをお持ちの人は使用できません。

高反発ファイバー

高反発ファイバー素材が使われている枕の使い心地は硬めです。また、通気性に優れているため、水洗いができます。衛生面においては心配ないでしょう。

マイクロビーズ

マイクロビーズが使われている枕はフィット感があります。ただし、熱がこもりやすかったり、寝返りがしづらかったりする特徴もあります。

パイプ

ストローのような形状をしたパイプが使われている枕です。通気性がよいという特徴があります。また、耐久力があるので、長い期間使えることも魅力の1つでしょう。水で洗えるので衛生面においても優れています。

そば殻

そばの実を脱穀した後の種皮が使われています。硬い枕が好みの人にはおすすめです。熱の発散に優れている特徴があります。

ポリエステルわた

クッションによく使われている球状のポリエステル繊維が入っています。やわらかい感触が好みの人におすすめの枕です。

枕の選び方について

枕の種類を知ったところで最適な選び方について見ていきます。まずは枕の高さを確認して選ぶとよいでしょう。枕の理想的な高さは体型や体格によって変わります。仰向けで寝ているときの姿勢が立っているときと同じ高さになるのが理想です。また、枕を使ったときに、喉や首筋に圧迫感がないか確認しましょう。このほか、マットレスの種類によっても枕の選び方は変わります。例えば、やわらかめのマットレスを使用している場合は、体重で沈み込みますので若干厚めの枕を選ぶとよいでしょう。このほか、枕の構造としては「頭が沈み込みすぎない適度な硬さであること」、「寝返りをうちやすいこと」を意識して選ぶことをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。ここまで枕の種類と選び方について見てきました。「最近寝つきが悪いな……」とお悩みの場合には枕を見直してみるのがよいかもしれません。最適な枕を見つけて快適な睡眠を手に入れてください。

FAQ一覧に戻る