よくあるご質問 寝具の選び方

タオルケット・毛布の種類や選び方は?

夏に欠かせない寝具といえばタオルケット。一方、冬に快適な睡眠をサポートしてくれる寝具は毛布です。ここでは、タオルケットと毛布それぞれの種類や選び方について詳しく解説していきます。

タオルケットについて

タオルケットは夏に欠かせない寝具の1つです。そんなタオルケットの種類と選び方について見ていきましょう。

タオルケットの種類

タオルケットにおける織り方の種類を説明します。最初にご紹介するのは「ジャガードタオルケット」。表と裏の両面がループになっているタオルケットです。このタイプは吸水性に優れているので、夏場に汗をかいても安心です。次に「シャーリングタオルケット」をご紹介。こちらはパイルの表面をカットしたタオルケットで、ビロードのような滑らかな肌触りが特徴的です。光沢があってプリント柄が美しいので、寝室をおしゃれな雰囲気に演出してくれることでしょう。最後に「マイヤー編みタオルケット」です。パイル糸を縦横の地糸に絡ませて編みます。パイル糸が抜けにくいため、長期間使えるという魅力があります。

タオルケットの選び方

タオルケットを選ぶ際には素材に注目するのがおすすめです。タオルケットの素材は基本的に綿が使われていますが、麻が使われていることもあります。麻の場合、「チクチクするのが苦手」という人も少なくありません。タオルケットは直接肌に触れる寝具ですので、好みの肌触りかどうかは重要なポイントになるでしょう。また、乾きやすさにも注目してみてください。厚手のタオルケットは洗濯したときに乾きにくい場合があります。タオルケットは夏に使うことが多いので、洗濯は頻繁におこないます。乾きやすさも大切なポイントといえるでしょう。

毛布について

次にご紹介するのは冬に大活躍の毛布についてです。厚手で保温性に優れているものから、肌触りにこだわったものまで、さまざまな種類があります。ここでは種類と選び方について見ていきます。

毛布の種類

代表的な毛布の種類は以下の通りです。

■ニューマイヤー毛布

滑らかな肌触りが特徴のニューマイヤー毛布。1枚もの(一重)の化学繊維の毛布です。毛玉になりにくいという特徴があります。

■マイヤー毛布

マイヤー毛布は2枚合わせのアクリル毛布です。ニューマイヤー毛布との違いは、マイヤー毛布が2枚合わせなのに対し、ニューマイヤー毛布は、1枚(一重)であることです。2枚合わせなので、厚みがあります。

■マイクロファイバー毛布

マイクロファイバー毛布とは、合成繊維を使った毛布です。髪の毛の100分の1以下の極細の繊維を使用しているので、柔らかく、吸水性の高い素材になります。

■ウール毛布

天然素材のウールを使った毛布です。吸湿性があるため、汗をかいても体を冷やさない保温性があります。ご家庭でのお洗濯が可能なウォッシャブルタイプもあります。

■ビキューナ毛布

天然素材の最高級毛布といわれているのがビキューナ毛布です。極細繊維、約10ミクロンしかない超極細繊維を使っています。軽さ、保温性に優れているので快適な睡眠をサポートしてくれることでしょう。

■綿毛布

綿毛布は1年中使うことができるといった魅力があります。冬には羽毛ふとんの内側に入れて使うことが多く、羽毛ふとんとの相性は抜群です。

毛布の選び方

毛布を選ぶ際に重要視したいのは保温力です。そもそも毛布は暖かい空気を逃さない役割を持っています。つまり、保温力の高い毛布を選ぶことは重要なのです。また、保温力以外にも「軽さ」に注目してみるとよいでしょう。毛布が重いと体が圧迫されて、逆に体が冷えてしまいます。軽い毛布を使うことで、体を圧迫することがなくなります。その結果、快適な睡眠を実現できるでしょう。

以上、タオルケットと毛布の種類・選び方について見てきました。ぜひお気に入りのタオルケットと毛布を見つけてください。

FAQ一覧に戻る