よくあるご質問 枕について

ポリエステルわたを使った枕の特徴とは?

毎日の快眠のためには、枕の素材にもこだわりたいものです。しかし、実際には、枕の素材をよく知らずに、使っている人も多いのではないでしょうか?特に、枕素材の定番「ポリエステルわた」は、比較的安価なことから、愛用している人も少なくありません。そこでここでは、ポリエステルわたの枕について紹介していきます。

ポリエステルわたを使った枕の特徴

ポリエステルわたとは、衣類にもよく用いられる、ポリエステルをわた状にした人工繊維です。ふわふわと柔らかく、弾力性があるので、枕だけでなく、クッションの素材などにも使われています。ふんわりと柔らかく、ボリューム感のある枕が好みの場合にはおすすめです。ポリエステルわたの中には、特殊加工を施した「コンフォロフトわた」、「粒わた」といった種類があります。

コンフォロフトわた

コンフォロフトわたは、「特殊低摩擦加工技術」という、最上質な特殊加工を施したポリエステルわたです。従来のポリエステルわたに比べ、通気性、弾力性に優れています。わたぼこりが出にくいといった特徴もあります。

粒わた

粒わたは、ポリエステルわたを粒状に加工した素材です。わた状のものに比べて反発力が少なく、また粒が動くため、頭にフィットしやすいのが特徴です。

ポリエステルわたを使った枕のメリット

①自宅で丸洗いできる

ポリエステルは化学繊維のため、自宅で容易に丸洗いすることができ、枕を清潔に保てます。アレルギーの心配もありません。

②カビ・虫に強い

化学繊維は天然素材に比べ、カビや虫の害を受けにくいといったメリットがあります。防ダニ加工を施した素材もあります。

③価格が安い

枕の素材の中では、かなり安い価格で手に入れることができます。

ポリエステルわたを使った枕のデメリット

①へたりやすい

最初は弾力性があり、反発力も高いポリエステルわたですが、使い続けると形が復元せず、ボリューム感がなくなり、枕の高さが低くなってしまいます。

②吸湿性が低い

他の枕に比べて吸湿性が低いため、汗をかく季節などは、蒸れやすくなります。

ポリエステルわたを使った枕のお手入れ方法

ポリエステルは、乾きやすいため、自宅で丸洗いすることが可能です。せっかく丸洗いできるのですから、月に1度は、お洗濯しましょう。普段は、天日干しで問題ありません。ただし、丸洗いできない枕もあります。丸洗いNGの枕を洗ってしまうと、中のわたが偏ることがあるので、洗う前に確認を忘れないでください。ポリエステルわたの枕は、ほこりが溜まりやすいので、丸洗いできない場合は、ほこりを叩いて落としたり、掃除機で吸い取ったり、天日干しをしたりしましょう。

いかがでしたでしょうか?ここまで、ポリエステルわたの枕について見てきました。お手入れが簡単で安価など、化学繊維ならではのメリットも多く、愛用者の多い枕です。ただし、きちんとお手入れしないと、長持ちしません。比較的、安価な枕なので、ボリュームがなくなってきたら、無理に使い続けるのではなく、買い換えてもよいでしょう。

FAQ一覧に戻る