よくあるご質問 睡眠について

エアコンつけっぱなしで寝ると睡眠の質は低下する?

寝苦しい夏の夜に欠かせないのがエアコンです。しっかりと部屋を冷やしてくれるので、気持ちよく寝ることができると思われがちですが、実はエアコンをつけっぱなしで寝てしまうと、睡眠の質が低下する可能性があるのです。そこで、ここでは睡眠の質が低下する理由と快適な睡眠方法についてご紹介します。

エアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる?

「エアコンをつけたまま寝たら、朝起きたときにだるかった……」という経験はありませんか。この件について解説しましょう。まず、人間の体は、睡眠中に体温を放熱する傾向があります。そこに汗をかいていれば、なおさら体温が奪われやすくなります。このような特徴があるなかで、エアコンをつけっぱなしにすると、極端に体温が下がってしまうことがあるのです。その場合、血行が必要以上に悪くなり、むくみや浅い眠りの原因となります。その結果、思うように疲れがとれず、翌朝のだるさにつながってしまうわけです。

それじゃあ睡眠時はどのようにエアコンを使うべきなの?

エアコンのつけっぱなしがよくないことはお伝えした通りです。……とはいっても、寝苦しいのは避けたいところ。それでは、エアコンはどのように使用するのが正しいのでしょうか。その正しい使用法とは以下の2点です。

  • 寝始めの3時間程度のみエアコンをつける
  • 設定温度を日中より上げる

上記のうち、特に効果的なのは、寝始めの3時間のみ使用する方法です。人間は体温が下がると眠くなるようにできています。なので、寝る前に入浴し、体が温まったところでエアコンのきいている部屋に入ると、脳が睡眠モードになります。このようにして寝入ってしまえば、暑い夜でも3時間程度の使用で充分に快眠を実現することができます。

快適な睡眠には扇風機も効果的!

ここまではエアコンを使用しながら寝る方法をご紹介してきましたが、実はエアコンがなくても快適な睡眠を実現する方法があります。その方法として特におすすめしたいのが、扇風機です。まず、室内に熱がこもっている場合(主にワンルームなどの部屋)ですが、窓を開けてその目の前に扇風機を置き、外側に向けてまわします。すると、室内にこもった熱が排出されて、外からより温度の低い空気が室内に入ってきます。このとき、扇風機の周囲1mくらいであれば、涼しく感じられるはずです。また、冷風が欲しい場合には、扇風機の目の前に氷をいれたペットボトルを置き、壁に向けてまわすのも効果的です(壁にあたって反射した風が体に感じられるように配置します)。さらに、扇風機がない場合には、冷たく感じる市販の敷きパッドを敷くのも効果的です。これらの方法を駆使すれば、エアコンをつけなくても快適な睡眠を実現することができます。電気代の節約にもなるので、ぜひ一度試してみてください。

ここまで、睡眠時におけるエアコンの使用方法について見てきました。正しい使い方を知って、快適な睡眠を実現してください。

FAQ一覧に戻る