読み込み中
  • Home
  • モノづくりとサービス

もてなしの国の精神が息づく、
日本らしいモノづくり。

モノづくりとサービス

  • 日本人のための、
    日本人に合う、
    最高のベッドを作る。

    日本にまだベッド文化が根付いていなかった昭和20年代。
    フランスベッドの創業者・池田実は、西洋のベッドをそのまま日本に持ってきても、日本人の生活様式には相応しくないと考えました。
    以来フランスベッドでは、日本の風土気候や、日本人の骨格や身体を研究しながら、日本人に相応しいベッドを作り続けてきました。

  • 1本の鋼線で、
    最高の寝心地を編み上げる。

    「日本人にとって最高の寝心地をお届けしたい」
    そんな想いで開発された、フランスベッドの『高密度連続スプリングマットレス』。このマットレスの一番の特徴は、「スプリング」というマットレス内のバネを、たった1本の銅線から編み上げたこと。
    相互につながったスプリングが体圧を均等に受け止めるため、一部分の落ち込みがなく、耐久性にも優れています。

    高温多湿という日本の風土気候を考え、個々のスプリングには布でつつむなどの加工を避け、通気性を確保。快適な眠りを提供します。

日々改良を重ね続けているマシンと、
職人の技の高度な融合。

フランスベッドの工場をご覧になったお客様が、必ず口にする一言があります。
それは、「こんなにも手作業の工程があるの?」ということです。工場に対して近未来的なイメージを抱いていたお客様にとって、さまざまな工程で人の手を必要とする私たちの工場は、驚きの連続かもしれません。

もちろん、フランスベッドの工場内にも、製品を作るマシンは数多く設置されており、その全てに改良が施されています。しかし、目視を必要としたり、素材ごとの調整を必要としたりする仕事は、すべて職人の手作業です。
木製ベッドや木製家具に使用する木材もそう。木材を機械で削り出した後は、人の手ですぐに厚みを測定し、素材に異常がないかを確認。これらの徹底が、フランスベッドの品質の土台になると考えています。

日々改良を重ね続けているマシンと、職人の技の高度な融合。これが、私たちの誇るクラフトマンシップです。

独自に制定した
FES規格が、
フランスベッドの品質を守る。

フランスベッドの制定する「FES 規格」とは、「FRANCEBED ENGINEERING STANDARD(フランスベッド・エンジニアリング・スタンダード)」の略。日本の国家標準「JIS 規格」よりもさらに細かな規定を設け、完成した製品はもちろん、製品に使用する全ての素材に独自のテストを行っています。

例えば、フランスベッドを代表する高密度連続スプリングマットレス。
これを編み上げる1本の鋼線だけでも、「ひっぱる」「ねじる」などの多角的な視点から強度をテスト。
数度の試験をパスしたものを、フランスベッドの製品に使用しています。

このように、一切の妥協を排したいくつもの厳しい目が、フランスベッドの品質を守っているのです。

試験項目の一例

素材のひっぱり
強度試験

素材のねじり試験

布地の摩耗試験

8万回強打試験

ローリング試験

体圧分布試験

日本で最初に療養ベッドの
レンタルを

始めたのは、
私たちフランスベッドでした。

療養ベッド購入後、わずか3ヶ月で不要となったお客さまからの、「ベッドを下取りしてくれませんか?」という相談をきっかけに、介護福祉用具を「必要な期間だけレンタルする」という、日本初となる試みをスタート。
以来20年以上、豊富な品揃えと「迅速、良質、安心」をモットーに、福祉用具の販売・レンタルを通じて、みなさまの暮らしをサポートしてきました。

現在は、全国に88の営業所(メディカルショップ含)と、28のサービスセンターを設置し(2017年9月現在)、万全の納品、メンテナンスサービス体制を構築。豊富な知識と経験をもつ専門スタッフが、商品選びのご相談から、納品・引上げ・アフターサービスまで迅速に対応しています。

また、全ての製品を安心してお使いいただくため、用具の洗浄・消毒・保管には独自の社内規格を制定。
フランスベッドの名に相応しい、高水準の製品をお届けいたします。

介護レンタル.com
レンタル製品が届くまで

お客さま

返却

分解/洗浄

整備/修繕

消毒

検品/出荷

  • 返却された製品は部分ごとに解体し、専用の機械で洗浄する。

  • 人の手で直々に再整備しながら、製品の使用状態をチェック。

  • 大型の一部の製品は、オゾンによる殺菌・消毒を行う。

  • 全ての整備を終えたベッドフレームは、種類ごとに保管される。

フランスベッドで
良質な暮らしを。