よくあるご質問 羽毛ふとんについて

羽毛ふとんの捨て方は?

羽毛ふとん、どうやって捨てればよいか知っていますか?長く使用していたことで傷んでしまったり、引越しで不要になったり、様々な理由から羽毛ふとんを捨てることを考えると思います。しかし、「どうやって捨てればよいか分からない」と困っている方も多くいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは羽毛ふとんの捨て方について「粗大ごみとして捨てる方法」と「回収業者に依頼して捨てる方法」に分けて解説していきます。

粗大ごみとして捨てる方法

まずは粗大ごみとして捨てる方法について解説していきます。粗大ごみとして出す場合にはサイズや重さに応じた料金を支払う必要があります。料金に関しては、ふとん1枚で200~500円程度が一般的ではありますが、自治体によって異なりますので、事前にホームページなどでご確認ください。

ふとんを粗大ごみとして捨てる手順

お住まいの自治体のホームページなどを確認して、「粗大ごみを出す際の手続き方法」、「収集日時・収集場所」などをチェックしましょう。このとき、自治体によってはインターネットからの申込みが必要な場合もあります。

そして粗大ごみ用シールを購入します。シールはスーパーやコンビニなどで購入が可能です。このシールは一般的に収集予定日と名前、または収集予定日と受付番号を記入する必要があります。必要事項を記入したら粗大ごみとして出すふとんに貼りつけましょう。そこまで済めば、あとは指定の収集日時・収集場所に置くのみです。

回収業者に依頼して捨てる方法

民間の回収業者に依頼する方法もあります。電話をすれば即日対応してくれたり、部屋まで取りに来てくれたりする業者もあるので、事前にいくつかのサービスを比較しておくとよいでしょう。回収業者によって金額が大きく異なるケースもあるので、必ず複数の業者に見積りの依頼をしてください。また、回収業者を選ぶ際の注意点としては、お住まいの地域が対応エリアかどうかです。回収業者には対応できるエリアとできないエリアがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

以上が羽毛ふとんの捨て方になります。また、傷んでしまった羽毛ふとんに関しては捨てる以外にも、「リフォームする」という方法もあります。捨てる際にかかる手間、料金など踏まえたうえで最適な方法を考えるとよいでしょう。 リフォームについて詳しく知りたい方はこちらのフランスベッド「羽毛リフォーム」をご覧ください

FAQ一覧に戻る