よくあるご質問 羽毛ふとんのケア

羽毛ふとんは圧縮しても大丈夫?

羽毛ふとんは、圧縮してはいけません。もちろん、圧縮袋に入れての収納も同様です。ふとんを圧縮すると、なかの羽毛や側生地を傷める原因にもなります。ここでは、羽毛ふとんの圧縮をおすすめしない理由について、詳しく紹介します。

羽毛ふとんを圧縮すると羽毛が壊れてしまいます

羽毛ふとんを圧縮すると、ダウンボールの核や羽軸(羽の中心軸)が破壊され、ふとんの寿命を縮める原因にもなります。ダウンボールが壊れてしまうと、かさ高が減り、特有のふわふわとした感触がなくなってしまうのです。そして、1度壊れてしまったダウンボールは、圧縮を解いても元の状態に戻ることはありません。さらに、ふとん内に空気を取り込むことができず、羽毛ふとんの特徴である保温性も失ってしまいます。

羽毛ふとんを圧縮すると側生地が傷つきます

羽毛ふとんを圧縮することで、ダメージを受けるのはダウンボールだけではありません。圧縮されて傷ついたダウンボールが原因となり、側生地にもダメージを与えてしまう場合もあります。例えば、折れた羽軸が側生地に穴を開けてしまい、なかの詰め物が外に飛び出すというケースです。羽毛ふとんのダメージが酷い場合には、買い替えが必要になることもあるので気をつけましょう。

羽毛ふとんを圧縮せずに収納する方

羽毛ふとんを収納する際は、羽毛ふとん専用の収納ケースを利用しましょう。羽毛ふとんの購入時に付属していたケースがあれば、こちらを利用してもかまいません。コンパクトな収納を望む場合は、ふとんをロール状に丸めるのもよいでしょう。押し入れ内で横にして重ねたり、壁に立てかけたりと用途にあわせて収納できます。また、収納する際は、軽い羽毛ふとんが1番上にくるようにしましょう。羽毛ふとんを下にすると、上からかかる重みでふとんが圧縮されてしまう可能性があります。

羽毛ふとんは、天然素材を使用しているため、見た目以上にデリケートな寝具です。しかし、丁寧に扱えば10年以上も使用できます。長い期間使用するためには、圧縮などでふとんにストレスを与えないようにしましょう。

FAQ一覧に戻る