よくあるご質問 羽毛ふとんの選び方

羽毛の産地はどこが有名?

羽毛の産地として有名なのは、ハンガリーやポーランドといったヨーロッパの国々です。しかし、ヨーロッパ以外でも羽毛の産地はあります。羽毛の産地を見ていきましょう。

羽毛の産地と言えば、ヨーロッパ

ヨーロッパではドイツやウクライナ、アイスランドなどが羽毛の産地として名をはせています。そのなかでも秀でているのはハンガリーとポーランドです。ハンガリーとポーランドはこれまで国家事業として羽毛の品質改良に取り組んできました。そのため別格と言えるでしょう。ヨーロッパのような高緯度に位置する国に住む水鳥は、寒さから身を守るために保温性が高く良質な羽毛を備えています。当然のことながら、保温性の高い羽毛は羽毛ふとんに適しているのです。

高緯度に位置するロシアやカナダも羽毛の産地として有名

ヨーロッパ同様、緯度の高いロシアやカナダも羽毛の産地として有名です。凍てつくような寒さを感じるこれらの国に住む水鳥もまた、保温性の高い良質な羽毛を備えます。こうした羽毛で作られたふとんは、軽さと暖かさを併せ持つことができるのです。

中国は世界最大規模の羽毛の産地

中国は「ダック」の羽毛の産地として有名です。グースの羽毛と比べて安価なため、中国産の羽毛ふとんは安価で手に入れることができます。グースとダックの違いについては「グース・ダックとは?」をご覧ください。

良質な羽毛ふとんを選ぶには、羽毛の産地よりも質を確認する

軽くて暖かい羽毛ふとんを選ぶときには、産地よりも質を確認しましょう。日本に輸入されている羽毛の約8割はアジア産のもの。アジア産であっても良質な羽毛を使用したふとんが販売されています。また、ハンガリーやポーランド産といっても高品質でないこともあり得るでしょう。良質な羽毛ふとんを選ぶうえでは産地よりも、使用される羽毛の質こそが、大切なのです。その際は、ダウンパワーやダウン率、水鳥の種類などを確認しましょう。詳しくはこちらの「羽毛ふとんの選び方」を参考にしてみてください。

FAQ一覧に戻る