よくあるご質問 羽毛ふとんの選び方

夏におすすめの羽毛ふとんとは?

羽毛ふとんは冬向けの寝具と思われがちですが、当社では夏向けの羽毛ふとんも販売しています。それが「ダウンケット」です。夏の快適な睡眠をサポートできるとともに、寒い季節に通常の羽毛ふとんと合わせて使うことも可能です。ここでは、ダウンケットについて紹介します。

夏向け羽毛ふとんのダウンケットとは

ダウンケットとは、羽毛でできた肌掛けふとんのことです。0.3~0.6kg程度の入れ目の中に、ダウンが50%以上入ったものが、ダウンケットと呼ばれています。羽毛ふとんのなかでは、最も薄手のタイプです。通常、羽毛は「ダックダウン」、「グースダウン」、「マザーグースダウン」、「アイダーダックダウン」の順に保温性が高まります。ただし、夏用羽毛ふとんにはそれほど保温性が必要ないため、ダックダウンでも問題ありません。

ダウンケットのメリット

季節の変わり目は、激しい温度差に対応できずに体調を崩す人が増えます。特に、眠っている間は、温度の変化に気づきにくいものです。そんな状況で活躍するのがダウンケットです。ダウンケットは、温度変化に対応しやすい寝具になります。ダウンケットの中に入っている羽毛は、寒いときに膨らんで熱を逃さない性質と、暑いときに縮んで熱を放出させる性質があり、常に適切な温度を保ちます。そのため、ダウンケットは夏場におけるエアコンでの寝冷え防止にも役立つのです。また、自分で洗濯できるウォッシャブルタイプが多いのがダウンケットの特長になります。汗をかきやすい夏場でも気持ちよく使えるでしょう。

タオルケットとダウンケットの違い

タオルケットとダウンケットには違いがあります。まず、タオルケットは基本的に秋冬には使えません。それに対して、ダウンケットは夏に1枚で使用でき、冬には羽毛ふとんと合わせて使用できます。タオルケットと異なり1年を通して使えるのです。秋冬で収納する必要もなくなります。収納スペースを気にすることなく、ダウンケットで夏の睡眠環境を改善しましょう。また、使われている素材にも違いがあります。タオルケットはパイルというタオル生地を合わせて作られたもので、ダウンケットは側生地の中に羽毛を入れたものです。

FAQ一覧に戻る