よくあるご質問 羽毛ふとん用語

ダウンプルーフ加工とは?

羽毛ふとんのダウンプルーフ加工とは、羽毛を包む布部分に施す加工のことです。ダウンプルーフ加工を施すことで、ふとんのなかから羽毛が飛び出さないようにすることができます。

羽毛ふとんのダウンプルーフ加工とは

羽毛ふとんは、詰め物である羽毛と、羽毛を包む布でできています。この布のことを側生地(がわきじ)または、側地(がわじ)と呼びます。ダウンプルーフ加工とは、この側生地に施す加工のことです。羽毛は繊維が細かく、針の穴程度のすき間からでも飛び出してしまいます。加工を施すことによって羽毛がふとんの外へ出にくくなり、ボリュームを保つことができるのです。加工方法としては、高密度に織られた側生地を、高熱スチームで蒸しながらローラーに通し生地の目を潰すというものがあります。ほかにも、化学薬品でコーティングする方法もあります。ちなみに現在、国内で流通している羽毛ふとんの側生地のほとんどは、ダウンプルーフ加工が施されているものです。

ダウンプルーフ加工が施された羽毛ふとんのメリット

ダウンプルーフ加工が施された羽毛ふとんのメリットとして、ふとんのなかにダニが入らないことが挙げられます。高密度に織られた側生地にダウンプルーフ加工を施すことによって、繊維の目がより細かくなり、ダニが侵入することはできなくなります。詰め物になる羽毛も高熱殺菌処理がされていてダニは死滅しているので、ふとんのなかからダニが発生することはまずないでしょう。ただ、側生地の表面にはダニが付着するので、年に1度くらいの頻度でクリーニングすることをおすすめします。

羽毛ふとんを家庭で丸洗いするのはおすすめできません

「ウオッシャブル」と書かれていない羽毛ふとんは、家庭での丸洗いを避けてください。コインランドリーや自宅の洗濯機で洗うと、通気性が落ちたり羽毛が劣化したりします。また、干しておくだけでは乾燥しきれず、そのまま使うと臭うこともあります。長く愛用するためにも、汚れが気になった場合には専門業者にクリーニングやリフォーム(打ち直し)に出すことをおすすめします。
当社では羽毛ふとんのリフォーム(打ち直し)を取り扱っております。暖かさを感じなくなってきたり、ボリュームがなくなってきたりした場合には、リフォームを利用してみてください。羽毛ふとん専用工場で状態検査・洗浄・羽毛の充填・縫製を行うので、購入時の状態に限りなく近づきます。リフォーム完了後は「羽毛リフォーム証明書」と「保証書」を同封のうえ、丁寧に発送させていただきます。詳しくはTOPページをご覧ください。

FAQ一覧に戻る