よくあるご質問 羽毛ふとん用語

ノンキルトとは?

ノンキルトとは、縫わずに接着加工を施す縫製技術のことを指します。ノンキルトの羽毛ふとんにおいては、熱で接着する細長い生地を貼り付けます。ここではノンキルトの羽毛ふとんについて紹介していきます。

ノンキルトの羽毛ふとんについて

羽毛ふとんにおけるノンキルト加工では、細長い垂直テープを熱接着によって側地に貼り付けます。そうすることによって、中身の羽毛がかたよってしまうのを防いでいます。
ノンキルト加工が施されている羽毛ふとんには縫い目がありません。そのため、糸切れやほつれがなく、羽毛が中から出てくることを防げます。また、縫い目がないので熱の発散量が少なく、保温性が高いという特長もあります。

ノンキルト加工は衛生面におけるメリットもある

羽毛ふとんは、ダニを通さないよう高密度に織られた生地を使用しているのが一般的です。しかし、その上からミシンで縫製すると、大量の小さな穴を開けることになります。その穴がダニの入り口となってしまうのです。また、この小さな穴は羽毛ふとん内の空気を外に逃がしてしまいます。ノンキルト加工であれば穴を開ける必要がないので衛生的かつ機能的なのです。

ノンキルトの羽毛ふとんは洗えない?

ノンキルト加工が施されている羽毛ふとんはクリーニングで洗うことができません。前述のとおり、細長い垂直テープを側地に貼り付けています。この際に接着剤が使われているため、洗ってしまうとその接着剤が剥がれてしまうリスクがあるのです。

ノンキルト加工が施されたふとんの選び方

ノンキルト加工が施されたふとんを選ぶ際には生地に注目することが必要です。ノンキルトに適した表面から羽毛が出にくい超極細繊維がよいでしょう。超極細繊維は軽いのはもちろんのこと、ドレープ性を活かした柔らかい触り心地です。合成繊維が苦手な場合には、長綿を選ぶことをおすすめします。こちらはノンキルト加工を引き立たせる生地です。

ノンキルト加工が施された羽毛ふとんは衛生的かつ機能的です。快適な睡眠を実現するためにもノンキルト加工が施されているかどうかという点に注目してみてはいかがでしょうか。

FAQ一覧に戻る